INTERVIEW

社員インタビュー

08-1 08-1

営業本部 カスタマーオペレーション事業部

名古屋支店 RTM課  2014年入社

サブマネージャー

登山 賢士 KENSHI TOYAMA

自分と関わる全ての人に
良い影響を与えたい

08-2 08-2

成長意欲が高く、勢いがある会社で働きたい

東名に入社を決めたきっかけは、アクティブな成長企業で活躍したいと思ったからです。
そのため、就職活動中も大手の安定企業ではなく、新しいことに取り組んでいるベンチャー企業や中小企業を探していました。
そこで、今の上司である、面接担当者から「これから色んな事業に挑戦をしていくから、一緒に成長しよう!」と熱い言葉を掛けていただき、入社を決意しました。
その上司は今でも、企業や人としての“成長”を見据え、様々なアドバイスをしてくださるので、非常に良い刺激を受けています。
また、前向きな考えを持って仕事に取り組んでいる社員が多く、社内はバイタリティーに溢れているので、高いモチベーションを保ちながら働くことができます。

08-3 08-3

自分で自分を育成する

面接時に実際に働く現場も見ていたため、人間関係についての不安は然程なく、入社後もイメージしていた通り、明るく風通しがいい職場だったので、すぐに馴染むことができました。
ただ、営業職は未経験だったため、営業マンとして活躍できるか不安はありました。
しかし、仕事に取り組む中で、営業マンとしての知識や心得を学び、様々な経験を積み重ねていくことで、不安は自然となくなりました。
営業成績で悩むことは何度かありましたが、その都度上司や先輩からのサポートを受け、自分なりに試行錯誤することで課題を克服できました。

08-4 08-4
08-5 08-5

情報を駆使し、常に次のアクションを考える

現在は、サービス利用者へのアフターフォローや、リテンション活動を中心に顧客満足度の向上に努めています。
お客様との関係性をビジネスの中心に捉え、お客様に対して何ができるのかを最重要視することで、利益の最大化や既存のお客様との良好な関係維持を目指します。
そのためには、「お客様のニーズやウォンツを的確に分析する」ことが重要です。
定量的な情報はもちろん、お客様の生の声を大切にし、お客様の状況や背景を把握したうえで、良好なコミュニケーションやパートナーシップを築けるよう努めています。

08-6 08-6

向上心を持ち続け、存在感を高める

仕事を通して“自分と関わる全ての人に良い影響を与えたい”と思っています。
お客様からは「この会社に任せて本当に良かった!」、一緒に働く従業員からは「この人と一緒に働けて良かった!」と思ってもらえることがベストですね。
そのためには、物事の本質を突き詰めて考えることが必要なので、自然と自身の成長にも繋がっていくと思います。
また、働くうえでは信頼関係が非常に重要です。
一方向ではなく、双方向的な関係を築くためにも、言葉で説得させるのではなく、行動で示し相手に納得してもらえるよう意識して働いています。

08-7 08-7
08-8 08-8

1日の流れ

  • 8:40
    • 出社
    • 1
  • 出社し、1日のスケジュールを確認します。
  • 9:00
    • リーダーミーティング
    • 3
  • 各リーダーと昨日までの実績を振り返り、セクション毎に目標を再確認します。
  • 10:00
    • データ分析
    • 紙とペンのアイコン素材
  • 既存顧客のデータを分析し、傾向を捉え対策を練ります。
  • 14:00
    • 面談
    • 5
  • 部下と面談し、現状確認をします。
    当月の成績や悩んでいること等をヒアリング。
  • 16:00
    • 部署間ミーティング
    • 3
  • 連携している業務について、新規営業部門やバックヤード部門と打ち合わせを行います。
  • 18:30
    • 実績確認
    • プレゼンテーションアイコン
  • 各セクション毎に個人成績を確認し、それぞれにフィードバックを行います。
    今後の対策についても、指示を出します。
  • 19:00
    • 退勤
    • 1
  • 翌日のスケジュールを確認し、退勤します。