INTERVIEW

社員インタビュー

01-1 01-1

営業本部 マーケティングセールス事業部

名古屋コールセンタ  2015年入社

祝迫 伊智郎 ICHIRO IWAIZAKO

目標達成に向けた
責任感と使命感

01-2 01-2

活躍できるチャンスが平等にある

大学時代からもともと営業に興味を持っていました。
東名の第一印象は、年齢層が若く、とにかくエネルギッシュ。
働きやすい職場環境はもちろん、お給料の高さも魅力的でした。
他の会社からも内定をもらっていましたが、最終的な決め手となったのは、面接時の「東名はまだまだ成長する会社だから、若い君たちには上に上がるチャンスが沢山ある」という言葉。
この会社なら、成長しながら新しい可能性を見出すことができるのではないかと思い、入社を決意しました。

01-3 01-3

知識と経験が自信に繋がる

電話営業は初めてだったため、不安に思う要素はたくさんありましたが、テレマーケティングについて1から丁寧に教えていただいたので、自分の役割や目的をしっかり理解した上で、業務に臨むことができました。
アウトバウンドコールの中で、主軸となるコミュニケーションツールは“言葉”です。
正しい言葉遣いはもちろんですが、経験を重ねるにつれ、間の取り方・話すスピード・抑揚などの会話のテクニックが磨かれ、言い回しのバリエーションも豊富になっていきます。
今思い返しても、無駄な事など何1つなく、全ての経験が自分の成長と自信に繋がったと思っています。

01-4 01-4
01-5 01-5

チームリーダーとして奮闘する毎日

東名に入社して2年。現在はチームリーダーとして、オペレーターを14名教育しています。
主な仕事内容は、獲得のサポートや指導、モチベーション管理、クレーム対応、数字の管理などです。
オペレーターの個々の目標合計がチームの数字なので、日々の必要数を達成させ、月間目標を追っています。
最良のリーダーになるべく、オペレーター一人一人が十分に力を発揮できるような環境作りはもちろん、自分がこれまで吸収したすべてのことを伝えながら、よりよいチームを築いていきたいです。
また、チームや社員同士も仲がいいため、月に1回は飲みに行き、仕事の相談をしたりふざけ合ったりもしていますよ。

01-6 01-6

妥協せず、常に責任感と使命感を持って

仕事をする上で一番意識していることは、“弱音を吐かない”ことです。
オペレーターのモチベーションを上げることが仕事なので、自分のネガティブな感情で士気を下げてしまっては本末転倒。
何か思い悩むことがあっても、その物事としっかり向き合い、失敗や苦労をバネにして、常に前向きに取り組むようにしています。
次に、“絶対に月次の数字を達成する”ことです。
自分に任されていることなので、責任を持ち「その数字は必ずやりきる」と心に留めています。
月次数字の達成は、時には大変なこともありますが、その分喜びや達成感も相当なものですし、日々の中で時折り見えるチームの成長が仕事の原動力にもなっています。

01-7 01-7
01-8 01-8

1日の流れ

  • 9:00
    • 出社
    • 1
  • 朝礼後は、チームのメンバーと個々の目標決めを行います。モチベーションの向上の為に声かけやアドバイスをし、スタートをきります。
  • 10:30
    • 対応・指導
    • テレオペアイコン
  • クレーム対応があれば各リーダーが対応し、ご指摘を元にフィードバックと指導を実施します。
  • 12:00
    • ミーティング
    • 3
  • 各セクションごとのリーダーで午後への対策や、指導方法などのミーティングを行います。
  • 13:00
    • 昼礼
    • プレゼンテーションアイコン
  • 午前の結果を参考に、改善策を練りながら、お昼休憩に入ります。
  • 15:30
    • 個別指導
    • 5
  • 一人一人を隣に呼び、状況の確認と合わせて、悩みもヒアリングし、指導を行います。
  • 17:00
    • 面接
    • 面接のフリーアイコン2
  • 部下として働くことになるアルバイトの面接には、積極的に参加します。
  • 18:30
    • 終礼
    • 1
  • 一日の目標を達成出来たかの振り返りをします。改善点のミーティングを行い、明日の準備をして、退勤。